手ぶらでは株式投資を始めることはできません。きちんと必要なものを揃えるだけでなく、心構えや知識を事前に備えておきましょう。

  • ホーム
  • 株主優待とは?株主優待で選ぶおすすめ銘柄

株主優待とは?株主優待で選ぶおすすめ銘柄

株式投資の魅力に株主優待があります。
株主優待は配当利回りと同様、株主に対するベネフィットです。
株主優待内容で銘柄選びをする投資家も多く、食品関連銘柄や公共交通機関、サービス業、小売業、外食産業などに多く、小さな子どもさんがおられる家庭ではおもちゃを製造するメーカーに投資される人もおられます。
人気が高い株主優待は食品関連や外食産業などが多いです。
外食産業の場合、株主優待券として食事無料券や食事割引券などがあり、自社で展開する飲食店で利用できる優待券を配布し、株主に対してサービスを行うものです。

株主優待の目的には、株主に対するベネフィットと株主に対して自社が展開するサービスを知ってもらうことや提供するサービスを理解してもらい、他の消費者と株主の差別化を図るというものがあります。
株主優待券はサービス業全般でも実施されており、宿泊施設や娯楽施設、公共交通機関などの利用の際に、割引が適用されるというものです。
普段から利用する施設であればおすすめとなります。
業種とは関係なく、金券やクオカードなどを配布する企業も多くあります。
株主優待はすべての企業がこの制度を導入しているわけではありません。

また、株主優待は配当とは異なる利回り計算で、配当金は1株当たり利回りで算出されます。
持ち株数に比例して、受け取る配当額が高くなりますが、株主優待の場合、必ずしも持ち株数に比例していません。
逆に持ち株数の少ない人に対して利回りが高いというアンバランスな部分があり、少額投資でも十分なメリットがあると考えられています。
ただ、自社製品や自社サービス、割引券などの優待内容は自社にとってコストで済む、正味の金額ではないという考え方もあります。
さらに本来であれば現金支払いできるものを優待品にて提供しているという疑問や、大口投資家にメリットが低いという問題を提唱する投資家も少なくはないです。
自分にとっての投資メリットを考えて最適なバランスで投資に取り組むと良いでしょう。

初めての投資!子どもに嬉しい株主優待集

少額投資非課税制度がスタートして主婦やOLなど女性が投資に取り組むことが多くなりました。
定期預金の金利がほとんど付かない現在、預金は投資元本が保証されるだけの安全資産と考えるだけで、投資運用にて手持ちの資金を増やしたいという人や投資によって何らかのベネフィットを受けたいという人は多いです。
とくに女性の場合、お買い物やサービス利用でポイントを集める人が多くおられます。

女性は生活感が男性に比べて高く、利用するサービスに何らかのベネフィットを求めることが多いでしょう。
投資運用益や配当を期待するほか、株主優待に期待することがあるでしょう。
かと言って、利用しない施設の株主優待を受けても意味がないため、現在の生活にメリットとなる優待内容を選ぶ必要があります。
小さな子どもさんがおられる主婦の方では、おもちゃなどの自社製品が送られてくる企業への投資がおすすめです。
小さな子どもさんを抱えるご家庭ではおもちゃに費やすお金は馬鹿にはなりません。

家族が多い人の場合、食費の負担が多くなるため、食品が送られてくる企業や外食産業で飲食券などが送られてくる企業への投資がおすすめです。
株主優待は小単元での株式購入でも受けられることが多いため、少額投資でも十分な優待内容が受けられます。
ただ、株式投資が金融投資商品であるため、投資ベネフィットが株主優待ばかりではないことにしっかりと注目しましょう。

株式投資には投資元本を割り込むリスクが存在するのと、当該企業の業績不振により配当や優待等を中止するケースも十分に考えられます。
企業としても売上や業績が好調でなければ株主優待は続けていけません。
投資を考える際は、財務内容や直近業績にも目を向けて投資を心がけましょう。