手ぶらでは株式投資を始めることはできません。きちんと必要なものを揃えるだけでなく、心構えや知識を事前に備えておきましょう。

低位株・ボロ株とは

株式投資を行う際に、よく聞かれるのが低位株や値嵩株です。
この2つの違いは明確で購入できる金額のことを指していますが証券会社が定めた基準があるわけではありません。
価格は明確な基準はないため慣例として一般的には低位株は株価が500円から300円以下のものを低位株と呼んでいます。
対して値嵩株は1000円から1万円以上のものを指します。
また低位株でも株価が100円以下の場合には超低位株やボロ株などと呼ばれており、低位株の中でも区別されています。

ただし、低位株が必ずしも購入金額が安いわけではなく、また値嵩株が同様に必ずしも購入金額が高いわけではありません。
この理由は株式の購入できる単位があるためです。
例えば1000株単位で株価が100円であれば、手数料を除いて10万円の資金が必要になります。

一方で株価が10万円であっても1株単位であれば手数料を除いて10万円の資金が必要になります。
以前は株の取引単位といえば1000株単位を多くの企業が採用していましたが、現在では新しい業種を中心にさまざまな単位が混在している状態にあるため注意が必要です。
このため近年の考え方としては10万円以下で購入できるものが低位株といえます。

一方で低位株やボロ株にも株価には相応の理由がありますが、それらの理由に関わらず特徴として株を安価に購入することができること、また株価が低いので変動率が高いということが言えます。
例えば同じ20円の変動でも100円の株価であれば変動率は20%になります。
反対に1000円の株価であれば20円の変動は2%になります。
このため低位株は変動率が高いので発生する損益が大きいといえます。さらに安いボロ株は、より変動率が高くなります。

このような高い変動率を狙って、あえて低位株やボロ株を狙ってトレードする人も多くいますが、ハイリターンを得られる一方でハイリスクでもあり危険が伴うトレード方法であることに留意する必要があります。

低位株・ボロ株が初心者には向かない理由

低位株やボロ株は一般には初心者には向かないとされています。危険がその理由です。
また見た目にリターンが得られそうに見えるのも初心者を惑わされ、手を出した結果、大きな損失を被る可能性があるためです。
これは低位株やボロ株の魅力は変動率の高さであり、大きな利益を得られるチャンスがあるということです。
しかしそれは同時に大きな損失を被る可能性もあるということになります。

そもそも低位株やボロ株が、なぜこの株価になっているのかを知る必要があります。
株式の発行数が多いために低位になっている場合には、他の株とそれほどリスクは高くありませんが、多くは業績不振や業務展開の不透明などが影響して株価が下がっているのが一般的です。
株価はその会社の事業に対する評価とも言えるものですから、業績不振や将来性の不安は会社の存続にも大きく影響してきます。
もちろん、会社としては存続するためにあらゆる手段を講じており、それが成功すれば株価は大幅に上がることになり、低位株やボロ株で大きな利益を得ることができます。

しかし、事業が改善できない場合には株価が低迷し続けることになり最終的には上場廃止や倒産といったことになりかねません。
こうなると株の価値は失われ全損することになります。このため低位株、特にボロ株ではよりハイリスクなものといえます。

また株価は必ずしも業績によって決まるものではなく大量の買い注文があると上昇します。
低位株やボロ株はそれらを使って意図的に株価上昇を行う存在があります。
このため株価が上昇しているのを見て購入すると数日後には急落する可能性があり、その際に大きな損失を被ることになり、これが低位株やボロ株が初心者には向かない理由になります。